〜 自分の内に吹いている 風の響きに耳を澄ます 〜

ただのしあわせ

ただのしあわせ

目には見えないけれど感じられる、
つぶつぶとした光のようなものが、
わたしの中を通り抜け、
うれしい気持ちと一緒にぽこぽこと
生まれ出てくるいろいろなモノたち。

これらのモノは「私がつくった」
というよりは「でてきてくれたもの」
という感じで、
私はこのひと(モノ)たちと出会えたことが、
いつもとてもうれしいです。

そうして きゃらきゃらと 
生まれてきてくれたものたちと 
鐘を鳴らして遊んでいると、
こんな風にあなたに出会えたりする。

不思議で素敵でうれしいこと。

うれしい気持ちが私を満タンにして、
パンパンにして、パアーンとはじけると、
その気持ちが目に見えない光のつぶつぶとなって、
どこかでもっとたくさんの誰かのまわりでまた、
つぶつぶと ふわふわと 浮かぶのだろうな、きっと。

それがもしかしたら
「なんだかわからないけれどなんだかしあわせ」と
ときどきふと感じる
あの「ただのしあわせ」の正体なのかもしれない。




a:66 t:1 y:0

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional