〜 自分の内に吹いている 風の響きに耳を澄ます 〜

なみふうら

なみふうら


音として降りてくるものを

ただそのまま声にして歌う

ということをしています。



画像の説明


そのときどきの生まれては消えていく音の波間に

なみふうらは声の響きの集まりです。

ただその瞬間瞬間にいるだけで

自然にうたが生まれてきます。

歌うように息をする 息をするように歌う 

波のような 風のような 空の響き





 佐々木彩 画


〜 はじまり 〜

1997年の夏、佐渡島に渡る早朝の船の上で

水平線から昇る朝日が 波をキラキラ光らせながら

どんどん広がっていくのを見て

そのあまりの美しさに圧倒されて

そのキラキラに対して自分も何かしたくなり

気がついたら声を出していました。

これが「なみふうら」の始まりです。




なみふうら」のCDができました。

CDジャケット mini




a:3795 t:1 y:2

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional