〜 自分の内に吹いている 風の響きに耳を澄ます 〜

舞ふうら

舞ふうら


自分の中心を通りぬけ、流れでてくるものを

ただそのまま動きにして舞うということをしています


舞ふうら


からだのまわりに満ちている 

空の気との触れ合いを味わう


舞ふうら3

その中で泳ぐように 揺らぐように

あるいは ただ在るように
 

息をすうように 息をはくように


舞ふうら5






a:2928 t:1 y:0

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional