〜 自分の内に吹いている 風の響きに耳を澄ます 〜

プロフィール

プロフィール


乳母車

POOL
(小川知子)


大阪生まれ、奈良育ち

シンガポール、岐阜、三重、京都、沖縄、滋賀と

風の吹くまま、気の向くままに移り住む

現在は、のんびりしずかな甲賀の里で

こどもの頃から憧れていた

縁側のある小さな一軒家に住み

山や田んぼを眺めてお茶を飲む

おばあちゃん的な暮らしを楽しんでいます




略歴

1994年 天然酵母パンや野菜・豆・雑こくを中心とした青空カフェ
    「ケルコラカフェ」をプロデュース。
     (〜1997年まで、様々なスタイルで展開)

1997年 夏のある日、佐渡島に渡る船の上で「なみふうら」が生まれる。

1999年 岐阜県の嘱託員として2年任期で岐阜県加子母村に住み、
     村づくりの企画アドバイスをする「森の交流大使」に就任。
     ワークショップ「かしも村探検」など様々な企画を手がける。

2000年 初夏の朝に「海のような森のおくに」の物語が降りて来る。

2001年 自己の脳内にて「脳内お天気しあわせ研究学会」が始まる。
     「+cafeプロジェクト」を立ち上げる。

2003年 冬至の朝に「しみむらさきさん」の物語が語りで降りて来る。

2004年 京都にて
    「おくるみ展+週替わりカフェ」
    「紙紫色見本装丁展と布紫色見本洗濯展」
    「乳母車カフェ」(子守歌のセッションの屋台)
    「おひるねカフェ」(おひるねをするためのカフェ)
    「アイデアの工場」(リトリートを含む)
    「眠りの物語と子守歌の夜」(「しみむらさきさん」朗読会)
     を企画・運営。
    「クリアリングワーク」がスタート。
     夏のある日、影絵遊びをしていて「舞ふうら」が生まれる。

2005年 6月〜10月、沖縄最南端の島・波照間島で暮らす。
    「ひかるなみのまにまに」のポストカードを制作。
    「おそうじワーク」がスタート。

2006年 足圧療術師(師範)の資格取得、開業。

2007年 京都にて「+cafeプロジェクト」の企画を多数行う。

2008年 期間限定の京都町家カフェ「西の窓」をプロデュース。
   
2009年 企画関係を全て終了し、甲賀の里で暮らしはじめる。

2011年 「なみふうら」CDリリース

2012年 伊賀市の公式観光HP「いがぶら」を立ち上げる。 → http://igakanko.net/
     伊賀上野の昭和レトロ銭湯一乃湯をプロデュース。→http://ichinoyuiga.com

2014年 伊賀上野城下町の町家を改装し「箱haco」を11月にOPEN。

2015年 「箱haco」を「リスイタリア料理店」に譲り、活動拠点を甲賀に戻す。

2016年 屋台ワークショップ色で遊ぼう」を近隣のマーケットに出店し始める。







a:8759 t:3 y:1

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional